住宅ローン滞納-弁護士・司法書士の選び方

弁護士、司法書士の選び方

自己破産において弁護士と司法書士、どのような違いがあるのでしょう。2003年の法律改正により、司法書士に140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。

 

 

これにより、140万円以下の借金の場合には債務整理手続きを弁護士だけではなく、司法書士に依頼する事も可能になりました。しかしながら 自己破産手続きとなると140万円以下の借金では恐らく不可能だと思われます。概ね多重債務で高額の借金の場合が多いので、弁護士の適応とまります。

弁護士 司法書士の選び方のコツ

『支払いについて相談に乗ってくれる弁護士』

 

弁護士によっては着手金(弁護士依頼時に最初に払うお金)を一括で支払う事を要求し、着手金を払うまで破産手続きを進めてくれない場合があります。そのような弁護士より、着手金が揃わなくても手続きをはじめてくれ、また分割にも応じてくれる弁護士もいますので、しっかり検討するべきです。破産手続きを開始しないと、取り立ては続きますので 手続きは早めに取りかかってもらう方がいいです。

 

『話をしっかり聞いてくれる』

 

親身にしっかり 話をきいてくれる弁護士、司法書士を選びましょう。弁護士の中には偉そうに振る舞ったり 高飛車な言い方をする方も多いです。自分がしっかり信頼関係を結べ、安心して全てを任せられるという方を選ぶ必要があります。プライドが高く傲慢な弁護士は貸金業者との交渉でも柔軟な対応ができずトラブルになる場合が多いです。

 

『経験豊富』

 

できるだけ己破産を含めた任意整理や、個人再生手続きなどの経験が高い弁護士がいいです。依頼者にとって、一番適切で有効な借金整理の方法を判断できなくてはいけません。経験が浅い弁護士ですと、ケースバイケースの細かい対応判断が弱いです。一年でどれくらいの破産事件を対応しているか、など直接聞いてみたら良いかと思います。目安として一年で20件以上であれば大丈夫でしょう

 

『安売りしていない』

 

破産の報酬はおおよそ30万円以上が一般的です。それ以下は安売りしていると思ってください。安ければいいという訳ではありません。理由の一つ薄利多売で稼ぎたい弁護士、扱う件数が薄利多売で多ければ細かな所まで配慮しにくく、依頼者の立場になって仕事を進めてくれるとはかぎりません。またもしくは、破産手続きのほとんどを事務に任せてコストダウンしている場合もあります。こちらも同じように、依頼者一人一人の状況にあった方法を考えづらいです。親身さにかけるかもしれません。大規模な事務所にありがちです。

 

こんな所を参考に 自分に合う弁護士、司法書士を見つけることがスムーズな手続きの一歩になります。弁護士 司法書士によっては同じ案件でも全く違う見解の場合もあるようですから、何件か相談してみて対応など見てみるのも、良い方法と言えるでしょう。