住宅ローン滞納-引越し費用を出すには

引越し費用を出すには

 

任意売却後は自宅を明け渡さなければなりませんが、そのためには引っ越し費用が必要です。

 

しかし経済力に乏しいであろう当事者にとって引越し費用は大金です。

 

ですからどのように捻出するのかが問題になってきます。

 

昔であれば、債権者から退去料100万円を貰って明け渡す、というような話は耳にしましたが、昨今ではそんな金額は出てきません。出るとしても20〜30万円程度です。

 

また引越し代金は例外なくもらえるわけではありません。

任意売却業者に相談

任意売却は通常の不動産売買と同じ扱いになりますし、そもそも引越し代金をもらう事ができるなどといった法的根拠は存在しません。

 

そもそも任意売却は法律で定められているものではありませんので、当然、債権者との交渉から解決に至るまで、また金額面での調整に法的基準はありません。

 

ですから引越し費用というものは当事者同士の交渉の中から引き出さなければなりません。

 

任意売却業者に依頼をする場合はこの点をしっかり抑えて打ち合わせをするべきでしょう。

 

転居先が賃貸であれば、敷金礼金、その他の費用などが生じます。先ほど述べた20〜30万では当然足りなくなってきます。

 

ですから例えば、諸費用が抑えられるような転居先を探してもらえるように任意売却業者にお願いをしておきましょう。

 

そして、やはりあたりまえのことですが、自分で貯蓄していくことを考えるべきです。

 

任意売却期間中は住宅ローンが止まっていますので、その期間だけでもできるだけ支出を減らして引越し後のための貯蓄に回しましょう。