住宅ローンの滞納-自己破産と免責

自己破産と免責

自己破産と免責については、知っておかなければいけない事項です。

 

破産は破産宣告の事を言い、借金を返済する能力や収入、財産など返済に充当するものが何もありません。

 

 

裁判所にその旨を申請する事です。しかし、宣告したからと言って借金がチャラになるわけではありません。

 

裁判所はその届け出から、宣告者の借金がやむえない理由から返済できない状況に至ったかどうかなどを審査し、審査が通ればその借金は返済できないのは仕方ないから、借金を返済しないでいいですよという免罪符である免責を決定します

 

破産を宣告し、免責を決定がされて自己破産は完結となります。免責とは、申告された借金に対して返済義務の責任を免除すると言う事です。

 

しかし、これによって債権者は貸したお金が合法的に帰ってこなくなるわけですから、非常に大きな損失を被ります。そのため、裁判所も免責してもいいのかどうか慎重に審査をするのです。なので、自己破産の際の虚偽、うその申告などが見つかると免責がされない場合が出てきます。

 

この繊細な問題については、弁護士の先生と十分に相談をして対応しないといけません。免責が認められない条件の一つに浪費による借金、ギャンブルによる借金は非常に裁判官の心証が悪く、免責許可が下りない場合が多いようです。

 

また、誠意のない行為なども心証を悪くします。借金でどうしようもなくなり、クレジットカードのキャッシング枠もなくなってしまいクレジットカードで高額な商品を買い、それを安く転売することで現金を得ていたりしている事実などが判明すると問題になります。これらの事にも十分注意してください。