住宅ローンの滞納-任意売却とは?

任意売却とは?

「 人に知られたくない・・・」

 

もし住宅ローンが払えなくなったら、「せっかく頑張ってローンで買った今住んでいる家がなくなってしまう。家がなくなってしまうだけでなく借金が残ってしまう。」なんてことになるのではないか心配されます。

 

では本当に住宅ローンが払えなくなったとき、どうすればいいか?どうなるか?ドラマなどでよくみられる、差し押さえなどの裁判所からの強制処置から、競売にかけられて処分され、競売で競り落とされた金額が債権者の元に行くという形があります。

 

 

もうひとつは、差し押さえされる前に自分で(正確には自分一人ではありません)住宅を売りさばいてしまい、その売却した金銭で再建に充当したりする方法があります。

 

これを任意売却と言います。任意売却は、見た目は債権者から裁判所をとおして差し押さえられる場合と大きく違い、世間一般で行われている中古住宅の買い替えや住み替えの際に住宅を売却するのと同じ方法で売却しますので、見た目は借金に充当するためと言う事はまったく関係者以外わかりません。近所の人たちは全く知る由もありません。

 

しかも、競売のように値段が本来の流通している価格よりもかない安くなることもなく、一般的な適正な価格に近い価格で取引されますので、金銭的にも大きなメリットがあります。

 

 

しかし、関係者には任意売却である事はバレますので、特に売却相手にはその理由が分かるので足許をみられ買いたたかれるなどの場合もあります。

 

 

しかし、それを上回るメリットがあるのでやはりただただ競売を待つよりも手間を惜しまず、任意売却をすることで世間体も守れて、借金も競売よりも少なく済む可能性がある方法を選ぶのも大きな一歩だと思います。