住宅ローンの滞納-事再生とは

民事再生とは

民事再生とは、破産ではなく今後今ある債務を軽減してもらい計画的な返済を行っていく事を裁判所の決議などで認可してもらう制度である。

 

この民事再生は企業だけでなく、個人でも適応される。少規模個人再生は5000万円未満の債務に関して、企業と同様に個人再生の計画書を提出し、意見聴取を行い、認可されれば3年または5年かけて計画通りの返済を行い減額された金額を完済する。

 

 

これらの条件に、継続的または反復的に収入があり、その収入にはあまり変動幅がない事が条件になる。なので、この小規模個人再生の中に給与所得者再生なるものもあり、サラリーマンの借金整理には非常に世間体も壊さず大きなメリットがある。

 

しかし破産とは違い借金がゼロにはならない。借金がゼロにはならないなら破産の方がいいじゃないという意見もあるが、実際破産申告したが免責されなかったとなると一番最悪の状態になる。

 

また、官報にも掲載され破産が知られると社会的な信用を失う。しかし、個人再生であればそのようなリスクは少なくなり、計画がしっかりしていれば、借金の原因が免責取り消しの該当になる浪費によるもの、ギャンブルによるものなどでも再生の対象になる事がある。しかも、再生がやはり難しいとなるとあとは破産しかなくなるので、破産申告免責が認可されやすい点も個人再生のメリットである。

 

 

しかし、何度も言うが借金はゼロにはならないし、破産と同様に金融機関からの信用はなくなり、新たな融資や借金、またはクレジットカードを作る事は困難になる。これらのことを知った上で借金の整理方法を考えなければいけない。