住宅ローン滞納-離婚で売却。後の残債があるどうしたらよいか?

離婚で売却。後の残債があるどうしたらよいか?

 

離婚することになり、今まで家族で住んでいたマンションを売って財産分与しようと思ったが、物件価値が下がり売却しても住宅ローンが残ることがわかった。売却しても残債があるのなら、お互いマイナスを抱えたままの再スタートとなってしまう。
かといって、これまで共働きを前提で返済してきたので、1人で住みながら返済するのは無理。養育費どころか生活していけない。
できることなら、子供のためにも前向きな再スタートを切りたいが、これでは離婚後の生活設計もままならない…。

 

 

そんなときに、検討していただきたいのが、任意売却です。
任意売却は売却しても借入れが残る不動産を専門の不動産業者が間に入り債権者の同意を得て売却する方法です。残債の減額や返済方法についても交渉することができ、売り主が売却益の1部を受け取り引越し費用などにあてることも可能です。
これなら、再出発のための資金を手にすることができ、離婚後の生活のメドも立ちます。

 

任意売却を行うのは離婚の前後、どちらでも可能です。
物件が夫婦の共有名義だったり配偶者が連帯保証人である場合は、配偶者の同意が必要になります。離婚後はお互い連絡を取りにくいこともあるので、きれいさっぱり再スタートをしたい場合は離婚前に行う方が良いでしょう。
前向きな再出発のために任意売却専門の業者に相談してみませんか?