住宅ローンの滞納-自己破産のタイミング

自己破産のタイミング

自己破産を考えだすのは、月々の支払いにおわれはじめて、返済のための借入れをまた他社からの行い、借入れて返済する翌月また同じように借り入れて返済ことです。

 

しかし、返済できず数社にわたり借入を行い多重債務になってしまってからだと思います。その頃には月々の返済額が給料を上回っている場合もあるかもしれません。

 

まだ、知り合いなどに借りたり財産を処分して一旦借金をゼロにする余力がある人は大丈夫でしょうが、そうでない方は支払い日の度に自己破産を考えるようになると思います。

 

 

しかし、自己破産のタイミングというのはこれ以上借金が増えると生活すら成り立たない状況になる一歩手前で、借金を面際してもらい、再度生活を立て直して健全な状態に戻るのが望ましいです。その事を考えると、ある程度の自己資金を手元に残し再出発できる状況での自己破産のタイミングがベストと言えます。

 

もちろん、自己破産するための資金、それに加えて自己破産後は様々な信用がない状況での再出発になりますので、それを考えての当座の生活余剰金をストックできていれば、免責になったあとスムーズに再出発ができる事だと思います。

 

持家やマンションがあれば、住宅ローンも残っていても自己破産する前に任意売却などで整理しておいた方がいいでしょう。

 

間違っても、クレジットカードで高額な商品を購入して売却するなどは止めておいた方がいいです。免責が適応されなくなる場合があります。ギリギリまで自己破産を避けようと努力する事は大切ですが、避けられない状況が予測できるのであれば自己破産にてリセットをする方法を考慮しましょう。