住宅ローン滞納-任意整理の流れはとてもシンプル

任意整理の流れはとてもシンプル

任意整理を行う場合、まず、あらかじめ決めておいた弁護士さんの方へ相談することから始まります。

 

この相談では今の状況を確認する必要がありますから、債権者の住所、連絡先やどれくらいの期間取引を続けていてどれくらいの借金があるのかといったものを一覧表にしたものを資料として用意をしておきます。
また、手持ちの金融機関、業者などが発行しているカードやそして直近の請求書と自分の収入が今どういった状況なのかがわかるものも合わせて用意しておきます。
その後、面談を行い任意整理が可能と判断した場合、手続きが開始されます。

 

まずは受任通知を発送、そうすると、貸金業者からに取り立てや支払いといったものが停止されます。
そこからはもう弁護士さんにお任せとなります。

 

まず、最初に弁護士返済開始から今の時点までに支払い明細を業者にたいして開示するよう請求。

 

これは断ることはできませんから、その明細を確認し、まずは、引き直し計算を行います。

 

これにより過払い等が発生していた場合は当然、処理されますし、残った場合においても、今後の返済についても話し合いをしてくれます。
つまり、こちらが用意するのは現状がわかる資料の提出のみであとは弁護士さんがやってくれますから手間がかからずとても簡単なのです。