住宅ローン滞納

親が住宅ローンを返済できない

父親の住宅ローン返済を助けるために、父親に替わって住宅ローンの名義人になろうとしても契約上できないことになります。

 

住宅の所有者は父親であって、その物件に抵当権が設定されているから、子供が住宅ローンを契約する上で担保物件がないからです。

 

また、購入物件があって、それに対して住宅ローンの契約をすることになり、このケースの場合は購入物件がないことになるからです。

 

 

この問題をクリアするために、親子の間で売買をすることはどうでしょうか?

 

この場合は、新たに融資先を探す必要があります。

 

親子といえども、住宅を購入する訳ですから親に支払う資金を融資してくれる銀行を探すのです。

 

しかし、一般的にはこの融資に応じてくれる銀行を探すのは非常に苦労します。

 

親子間の売買に安易に融資できるとすれば、住宅市場評価額からかけはなれた売買額で不動産の取引が行われることを防止するのが難しいからです。

 

危ない事に銀行は加担しないと言うことのようです。しかしゼロではありません。

 

親子の売買に融資した銀行は過去にあります。

 

稀に、これができたとすれば子供が住宅ローンの契約をして、その銀行から融資を受けた資金は親の住宅ローンの全額返済に充当します。

 

これで親の住宅ローンは解消されたことになります。