住宅ローン滞納

サービサー(債権回収会社)とは?

サービサーとは、債権管理回収業に関する特別処置法(サービサー法)に基づいて法務大臣から営業の許可を得た上で設立された株式会社です。

 

 

金融機関などから債権の管理回収業務を受託して手数料収入を得たり、債権を買い取った上で担保不動産を処分する業務を行ったりしています。

 

これまでは弁護士のみに認められていた業務でしたが、平成11年(1999年)にサービサー法が施工され、対象となる債権の種類を限定した上で民間企業の参入が認められました。

 

サービサーの設立要件として、

 

一、資本金が5億円以上の株式会社であること。
二、業務に従事する取締役に1名以上の弁護士が含まれること。
三、暴力団員等がその事業活動を支配し、あるいは暴力団員等を業務に従事させるなどの恐れがないこと。
四、役員等に暴力団員等が含まれないこと。
五、債権回収業に関して不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認められる者がいないこと。

 

サービサーの主な禁止行為は次の通りです。

 

一、業務遂行に当たり。人を威迫し、またはその生活・業務の平穏を害するような言動により相手方を困惑させる行為の禁止。
二、業務遂行に当たり暴力団を業務に従事させ、またはこれらを業務の補助として使用する行為の禁止。
三、債権の管理、回収にあたり、偽りその他不正の手段を用いることの禁止。

 

以上がサービサー法的設立根拠であります。